アキレス腱炎

  • 急な運動の後、アキレス腱を痛めた
  • 部活動の練習中、アキレス腱が痛む
  • 原因不明の踵の痛み
  • 歩くと踵が痛む
  • 靴にあたってアキレス腱が痛む

その痛みアキレス腱の炎症かもしれません!

アキレス腱炎には3つのタイプがあります

①アキレス腱自体が微細な損傷を起こすタイプ

②アキレス腱を包んでるパラテノンという組織が炎症を起こしたタイプ

③アキレス腱付着部が炎症を起こしたタイプ

原因はオーバーユース

原因は主にアキレス腱への過剰な負担です。

①急に運動量が増えた

②急に運動を始めた

③練習のしすぎ

④下腿三頭筋(腓腹筋、ヒラメ筋)が硬いなど

踵からアキレス腱にかけて腫れや熱感を感じたり、押すと痛む、運動後に痛む、朝起きた直後に痛み、つま先を反らす(背屈)
動作で痛むなど…このような症状が出てきたらアキレス腱炎を疑います。

予防・対策

まずは自分がどのタイプなのか、どんな状態なのか確かめる意味でも専門家にみてもらう事をお勧めします。

痛みがある時は運動を中止しましょう。

炎症が強いときはアイシング。

原因が足首、ふくらはぎの硬さ、回内足にあるならマッサージやストレッチ、筋肉の弱さからくるものならトレーニングが必要かもしれません。

テーピングやインソールを使って足の負担を減らすことも有効です。

※安静に過ごされる人は2~3週間で良くなる人もいますが、
 慢性化することもあり、歩いてり、運動することが多い人は治るのに1ヶ月以上かかる人もいます。

筋肉のバランスが悪くなりすぎるとアキレス腱断裂を起こす場合がありますので早めに受診しましょう。

当院ではスライド電療という特殊電気治療器を用いて患部の修復を促します。